咀嚼筋の走行や起始・停止って、意外とイメージが湧きにくいですよね。
そんな咀嚼筋4つの起始・停止を分かりやすい画像とともに、説明してみます。
一度見れば起始停止をはっきりと理解できるはず!

 

咀嚼筋の起始停止は?

起始 停止  (下顎骨)
側頭筋 側頭骨鱗部 筋突起
咬筋 頬骨弓 咬筋粗面
外側翼突筋 蝶形骨翼状突起 翼突筋窩
内側翼突筋 蝶形骨翼状突起
(翼突窩)
翼突筋粗面

咀嚼筋の役割

顎関節(TMJ)の咀嚼に関係する筋であり、すべて下顎骨に停止する。
また、すべて三叉神経の下顎神経(V3)に支配される。
外側翼突筋を除く、3つの筋は閉口筋に分類される。

なお、開口筋は外側翼突筋と顎二腹筋の2つが代表的で、オトガイ舌骨筋や顎舌骨筋も含まれます。

収縮時に動きが少ないのが起始。
逆に、動きが大きいのが停止

側頭筋 (temporalis)

側頭窩を埋め、下顎骨筋突起に停止し、下顎骨を引き上げる閉口筋。
BioDigital Human
BioDigital Human

咬筋 (masseter)

頬骨弓から、咬筋粗面(下顎骨下顎角の外側面)を結ぶ閉口筋。
BioDigital Human

外側翼突筋  (medial pterygoid)

蝶形骨翼状突起外側板に起始し、翼突筋窩(下顎骨関節突起の前面にあるくぼみ)につく筋。
下顎骨の関節頭を前方に引く筋であり、
・片側のみが収縮することで、下顎は反対側に向く。
・両側が収縮することで、下顎は前方に引っ張られる。

正確には、起始は、上頭(側頭下稜)と下頭(翼状突起外側板、上顎結節)に別れます。

関節円板にも付着し、外側翼突筋の異常が起こると、顎関節に多々の異常が引き起こされます。
クリック音や顎関節痛障害には、この筋肉の操作は欠かせません。
BioDigital Human

内側翼突筋  (lateral pterygold)

蝶形骨翼状突起(翼突窩)に起始し、翼突筋粗面(下顎骨下顎角の内側面)に停止する閉口筋。

翼突窩は、翼状突起の外側板と内側板に挟まれたくぼみのこと。
BioDigital Human

 

 

参考: 顎運動に関連する筋

BioDigital Human

開閉運動 開口運動 外側翼突筋、顎二腹筋
閉口運動 咬筋、側頭筋、内側翼突筋
前後運動 前方運動 外側翼突筋
後方運動 顎二腹筋、咬筋深部、側頭筋後腹
側方運動 偏心性 外側翼突筋、側頭筋後腹
求心性 側頭筋後腹、顎二腹筋後腹、咬筋深部